新築のファミリークロークにウォールミラーを取り付けた

新築にウォールミラーを取り付けるならどれにするか?

この記事の続編になります。

幅60㎝高さ150㎝の枠なしガラスミラーを注文しまして、これを取り付ける記事になります。

 

詳しいやり方は下記のコダマガラスさんの記事を参考にしてください。

この記事は、「こんな感じだよ~」っていうだけの記事なので、実際にやる際には参考にしないでください!笑

たった5分で分かる!鏡をミラーマット・変成シリコンで壁に貼る方法 – KG Press | ガラス情報発信メディア

 

広告です

ファミリークロークの壁にウォールミラーを取り付ける

今回、ウォールミラーを取り付けるのはファミリークロークの壁になります。

ここは当初から鏡を貼る予定だったので窓も何も用意してありません。ただの壁です。

取り付けるのは一般的なパワーを持つ男性の私と、補助でたまに妻が入ります。

 

f:id:muimuim:20190314212838j:plain

 

墨出しとクロスの切り取り

まずは取り付ける予定の場所に墨出しをします。

墨出しというのは、取り付ける位置などを明確にするためにラインを書くことです。

壁にそのまま書くと消せないので、マスキングテープを張った上から赤ペンで書いています。

画像だとちょっと見づらいですが、赤で書いてます。

線がズレると取り付けた鏡もずれるので慎重に書きます。

 

そして、線が合っていることを確認するために、鏡を壁に仮付けします。

仮付けといってもただ線に合わせてくっつけてみるだけなんですが、鏡が10㎏以上と重いので、下にゴミ箱や雑誌、木片などを使って鏡を受ける台を作りました。

最後にくっつけるときも台の上に乗せながらであれば、重さを気にせずゆっくり壁につけれるので、ズレる心配もありませんね。

仮付けするときは妻にも一緒に運んでやってもらい、線と鏡がぴったりなことも二人で確認しました。

 

次に、線から5㎝ぐらい内側の壁紙を剥がします。

新築のクロスにカッターを入れて剥がすなんて、素人なんで怖かったですが、まぁ意外とうまくいきました。

クロスを剥がすのも、いったんペリっと剥がし始めたらもう簡単です。

 

f:id:muimuim:20190314213351j:plain

 

速乾ボンドを塗ってミラーマットを貼る

撮った画像が少ないので、記事もわりと雑です。

変成シリコンが固まるまでの仮固定に必要な、ミラーマットを貼ります。

その前に、ミラーマットを付ける位置を決めるためにざっくりマーキングしていきます、が、画像だとミラーマットがついちゃってるんでマーキングはもう見えませんね。

 

そして、ここで一つミスりました。

「取付動画を何回か見てるから大丈夫だろ」と謎な自信でテキパキと作業していった結果、速乾ボンドを塗るのを忘れました。

このミラーマット、壁との接着が弱いので、ミラーマットを貼る前に速乾ボンドを壁に塗らなくてはいけないのですが・・・完全に忘れたまま鏡を取付してしまいます。

もう全部終わってから「あれ?なんか接着剤が余ってる」と気づいたというオチです。

結局普通に固定できたので結果オーライですが、気を付けてください・・・。

 

ミラーマットを貼る場所をマーキング→マーキングしたところを速乾ボンドで薄く塗る→ミラーマットの剥離紙を片面だけ剥がしてから貼る

が正しい手順です。

これが終わったら再度仮合わせして、最後の接着のときのイメージとやり方を固めます。

 

f:id:muimuim:20190314213411j:plain

 

変成シリコンを塗る

塗ります。

ピンポン玉程度と書いてありましたが、妻と二人で、ピンポン玉ってどんぐらいだっけ!?と混乱します。

調べたら40㎜~44㎜ということ。

そんな大きさ出したら一瞬で接着剤なくなるやん。

 

ということで、接着剤の容量からしてこれぐらい出しておけばだいたい使いきれるはずだ、という量を適当に出しときます。

塗っていると、なんだかいけない事をしているような感じになります。

なんでだろう。

 

f:id:muimuim:20190314213434j:plain

f:id:muimuim:20190314213421j:plain

 

ミラーを貼り付ける

妻と二人で、まず下を合わせ、横のラインを合わせ、下からゆっくりと慎重に貼り付けていきます。

なんてことなく終了、貼付は簡単でした。

ライン出しが一番大変だったよーな?

清掃して終了!

 

f:id:muimuim:20190314213449j:plain

f:id:muimuim:20190314213443j:plain

 

終わってみての感想

速乾ボンド付け忘れたので、1日は落ちないか少し不安でちょいちょい見に行きましたが、外れる気配はカケラもありませんでした。

変成シリコンが固まれば二度と外れないそうです。

安心なような、怖いような。

 

壁に完全に一体化したかのようなウォールミラーは、とてもいい感じです。

剥がれるかな?と思ってもちょっと力を入れてみても、まったくビクともしないので安心感があります。

サイズ感もいいかんじです。二人で並んでも全然見えますし、贅沢な鏡です。

枠が無いのは少し寂しいかな?と思うこともありますが、掃除のときは無いほうが楽でしょうし、飽きが来ないのはいいかなと思います。

 

たまにDIYするぐらいの素人でも全然接着剤での取付は問題ありませんでした。

ちょっとハードルは高く感じましたが、やってみたら全然簡単です。

ちなみに金額は、前回の記事にもありますが接着剤やミラーマット等と、送料込みで18930円でした。

 

玄関にもウォールミラーをつけようかどうしようか、それが悩むところ。

今は無くても別に気になってないので、ミラーじゃなくて絵とかにしようかな。

コメント